スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.11.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

犬 安楽死

今日は悲しいニュース。

友達の飼っているこのハスキー犬。
ちなみに名前もハスキーって言うのですが、
明日安楽死させられてしまう予定なんです‥。





写真を見ると元気そうに見えますが、
もう14年も生きていてかなりの老齢。
足も引きずって歩いています。


roshiは大の犬好きで、犬を何匹も飼ってきたのですが、
この安楽死っていうのには賛成できません。


よっぽど寝たきりになってしまって、
意識もあるのかないのか分からない、
そんな状況の場合は別かもしれませんが、
このハスキーのように、まだまだ元気で、
よく食べるし、毛並みもすごく綺麗だし、
そういう犬を安楽死させるっていうのは、
ちょっと考えられません。


最近はトイレを自分で制御できなくなってきたらしく、
それが安楽死を決意した大きな要因らしいです。


もちろん友達も感情的にすごく辛いらしく、
何度も安楽死の時期を延ばしています。


でも何で無理して安楽死させるのかな?

この犬の場合、家の中で飼っていて、
今では世話がかかりすぎるらしい‥。


でも14年生きたっていっても、
まだ元気だしちょっと納得がいかない‥。


日本だとまだ安楽死はそんなに、
盛んには行われていないと思いますが。


できたら寿命まで生かせてあげたい。


roshiの個人的な考えですが、
アメリカって老後の手のかかる親は、
老人ホームにすぐ入れてしまったり、
手のかかる犬は安楽死させたりと、
自分に手のかかることは避ける精神態度が、
蔓延している気がするのですが‥。


ちょっと利己的過ぎる気がします。


それまで育ててもらった親にしろ、
それまでペットとして楽しませてもらった犬にしろ、
お世話になってきたわけですからね。


キツイ言い方ですが、ポイ捨てと同じような。


自分が必要としなくなったり、
手がかかるようになったら、
それまで受けた恩恵も考えずに、
すぐ手放せるっていうのがちょっと理解できません。


犬の話題からそれてしまいましたが、
この考え方は理解できないroshiでした。


人気BLOGランキングへ

スポンサーサイト

  • 2016.11.19 Saturday
  • -
  • 08:17
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017/11/22 1:16 AM
こんにちは。私もアメリカ在住です。初めてこのブログを読ませていただいて、ハスキー犬のお話にとても切なくなりました。

私は別に犬好きというわけではないのですが、夫が大の犬好きで、去年の夏、アニマルシェルターから14歳の小型犬2匹を引き取って飼い始めました。もらって来た時点ですでにトイレのトラブルが毎日のようにあり、正直世話は大変でイライラすることも多いです。(だから前の飼い主が手放したのかは、わかりませんが。。)そんなよぼよぼの困った老犬ですが、数ヶ月一緒に暮らしただけで愛おしくて仕方ないほどの存在になりました。今は前の飼い主が無意味に安楽死を選ばなかったことと、14年間彼らを育ててくれたことに心から感謝しています。2匹のワンちゃんにはシェルターでの辛い思い出は忘れてもらって、ウチで穏やかな老後を過ごしてもらいたいものです。

安楽死についてですが、どう手を尽くしても取り除けない身体的な苦痛があり、回復が望めない場合にはやむを得ない選択だと思います。私も場合によっては愛犬を安楽死させることになるかもしれません。でも、トイレのコントロールができないからというのは論外ですよね。とても考えさせられました。

犬を飼っている私が言うのは矛盾があるかもしれませんが、人が犬を飼うのには賛成できません。どんなに犬好きな飼い主でも、予定外の事情(転勤、離婚、家族の介護、本人の病気や死亡)によって世話を放棄しかねないからです。かわいい子犬は介護の必要な老犬になります。十分に介護してあげる自信のある飼い主がどれだけいるでしょうか。トイレのトラブルで安楽死というのにはさすがに驚きましたが、そこまでいかなくても人は誰でも無責任な部分があると思います。もちろんそれは私自身にもいえます。今の2匹の最後を看取ったら、もう犬を飼うつもりはありません。せめてそれまで、老犬介護に根をあげないように、ベストを尽くしたいと思います。(悲しいかな、私たちにできるのはあくまで「ベストを尽くす」ことだけなのです。)
  • もも
  • 2010/04/03 6:30 AM
私も16才のギャバリアを飼ってます。今は痴ホウの症状もではじめ、オシッコも垂れ流しです。でもまだ、御飯も少しはたべるし、二三歩は歩こうとします。介護に疲れ毎日の仕事にも、夫婦関係にも微妙に影響が出始めております。何度か安楽死も考えましたが、まだまだと思っているうちに1年が経過しました。どの状態になったら安楽死を選択するのか?わからなくなってきました。現代医学の発達で動物の薬も進化しているはずです。このまま、薬ずけで長生きさせることが正しいのでしょうか?
  • 藤田 開
  • 2010/03/02 4:22 PM
はじめまして。我が家の愛犬は脳腫瘍闘病中、最近は寝たきり今日は床ずれのひどいのを発見、水が出ています。食欲のみあり。安楽死 頭に良く浮かびます。私も看病は大変で、見ているのもつらいのですが、それよりもこの子は生きるのが辛いのではないか、楽になりたいのでは? と悩みながら看病の毎日です。
  • ひろ
  • 2007/08/07 9:34 AM
>>伊藤さん、

本当に苦しいし、見るのも辛いですよね‥。roshiも犬が死んでいくのを何匹か見届けましたが、すごく辛かったです。あの瞬間はいまでも忘れられません。
  • roshi
  • 2007/06/25 2:11 PM
愛犬が苦しんでいる姿をみるのは、本当に辛いです。シェルティーのマック4歳は半年前からてんかん発作が出はじめ、薬でなんとか抑えてきましたが、最近では薬も効かなくなってきました。発作は長い時で30分続き失禁とよだれダラダラ、その後、心臓が破裂しそうな息つかいで本当に苦しそうです。足腰が立たないので、意識が戻った時に口元に水を持っていくと、グビグビと飲み一息。立ち上がるのにさらに30分はかかります。私を見ると何とか立ち上がろうと必死で頑張る様子が判るので、そっと影から見守ります。犬は苦しいと言わないし泣かないから判らないじゃないですか…??こんな苦しい思いをしても生きていたいのかどうか…??マック…しゃべってよ…私はどうしたらいいの…??
  • 伊藤
  • 2007/06/23 11:00 PM
>>norikoさん、

コメントありがとうございます。いろいろ考えさせられますね‥。ちなみにハスキーは見た目はすごく元気なんです。友達もいまだに決意がつかないらしく、まだ元気に生きています。苦しそうな雰囲気がないので安楽死をさせるのはどうかなって感じです。確かに飼い主しかわからないことがたくさんあると思いますね。それにしても犬は飼い主の希望に応じて無理をするというのは初めて知りました!
  • roshi
  • 2006/04/11 1:07 PM


うちのHollyも 16歳で安楽死しました。 その時は一緒に死にたいくらい辛いでした。

15歳で息で出来にくくなり 喉の手術をして声もでなくなり 麻酔が老体に堪えたのか 腰が時々落ちたりもしました。

最後の1週間は殆ど食べられなくなりました。 それこそ見るもの辛い状態で安楽死させました。

犬にとっては飼い主(いつも一緒にいた人)が一番いい人だし 一番その犬の事がわかっていると思います。

Hollyが死んでから 色々考えました。 犬は人間とは違い四足動物で かなり自立している状態でしか生きる事をHappyにかんじれないのではないだろうか・・・。

下の世話を人間がしてあげるようなら それはもう犬にとっても かなり辛い時期なのでは・・? とも思います。

大型犬は 8年ぐらい生きればいいとも言われます。 10歳を超えるともう 犬にとっても辛いのでは・・? と思います。

人間の愛情(自己満足)で延命措置をするのは疑問だともおもいました。

ハスキーちゃんは 14年も生きたのだし 今私が思うのは 「お疲れ様!」 って言う気持ちで一杯です。

そして 専門的な事はわからないけど・・ 犬と言うのは 飼い主の希望に応えるべく 死ぬほど”無理”をして頑張る動物なのだそうです。

それを思うと 私は うちの犬 Hollyをもっと早く楽にしてあげた方がよかったのかも・・? って思ったりもします。
>>maikoさん、

こんにちは!犬は大好きです。今回の安楽死に関してはいろいろ考えさせられました。ちなみに友達はハスキーの安楽死をまた先延ばしにしたようです。やっぱり辛いんでしょうね‥。ハスキーには長く生きて欲しいけど、飼い主が一番犬の事もわかると思うし。見守ってあげたいです。

ホームベーカリーですかっ!いいですね。焼きたてのパンが食べたいです!
  • roshi
  • 2006/03/30 10:15 AM
久しぶりにお邪魔しました。犬好きなんですね。。
私も大好きです!!
私も12歳から14年間飼ってました。実家から独立してからはなかなか遊ぶ機会も見る機会も減って寂しい思いもしていました。結局安楽死をさせるにいたったわけですが私はどうしても生きてる間に最後に会いたくて私が家に帰るまで延命しておいてほしいとお願いしました。だけど実家絵の帰り道母からの電話でもう苦しんでるのを見てられない血をはいてるのよ!!って言われ私の帰りを待つことなく私以外の家族に見守られ病院で天国に行きました。
苦しいことも苦しいといえないのにがんばらさせてごめんねって気持ちになりました。しばらくは落ち込みましたが、たくさんの楽しい時間をくれたことに感謝しています。

ペットはとても大切な家族です。

どんな最後を迎えさせてあげるのがペットにとってベストなのか本人が思考できない場合それを考えるのも家族の愛情だと思います。



今日はRさんのチキンのレシピをみてディナーを作りました。パスタは。。。。パンにかえて・・・(実はホームベーカリーを購入したのではまってます!!)


  • maiko
  • 2006/03/27 8:46 PM
>>teriさん、

確かに今回安楽死させる事を選択しなければならなかった友達もその犬に対する愛情はすごいものです。針治療に連れて行ったり、散歩も自分が居ない時にも出来るように人を雇ったりと。そこまで愛情が徹底しているので、ただお荷物になったからポイっていう事でないことはよくわかるんですけどね。それでも辛いですね。


>>くろねこさん、

コメントとTBありがとうございます。安楽死の事は本当にいろんな事実が関係しているので一概に悪いとは言えないとは思うのですが、納得できない事も多くあります。ペットといっても生き物ですからね。

>>今藤さん、

合理主義か。確かにそうかもしれませんね。でも上にも書いたようにペットに対する愛情が薄れたわけでは無いはずなんですが、安楽死を選択する人が多いというのは、ちょっと理解できない‥。
  • roshi
  • 2006/03/23 10:23 AM
そうですね、アメリカは親を老人ホームにすぐに入れたり、犬も安楽死させる事が通常のようですね。

私の知り合いも安楽死させました。結構歳をとった犬でしたし、便も制御できていない状態。

で、なぜ殺す?本人は殺したくなかったのですが、やはり、見るのも辛かったようです。

利己的というか、合理主義と言うか。

アメリカと言うか、西洋的発想ですよね。

ちょっと長くなりそうなので控えますが、様々なところで、アメリカの迷いが見えますね。
はじめまして、BLOGPEOPLEからこちらへお邪魔させて
もらっているハワイ在住のくろねこです。
このエントリー頷きながら読ませて貰いました。
私もアメリカ人のペットに対しての考えがたまに理解
出来ない時があり、ついこの間まさにそんな問題を直視
した所だったんで。
(今日はそれについての記事@私のエッセイブログをトラバ
させて頂きますね)
このハスキーちゃんの顔を見たら・・・凄い切なくなりました。
年でトイレが自分で出来なくなったら?飼い主が面倒
見てあげればいいだけの事じゃないんでしょうか??
14年も一緒に住んだワンちゃんなのに。。。
こういう事って本当・・・胸が痛いですよね。
そうですね。つらいですね。私も実家で犬を過去に何匹か飼っていましたが、みんな自然死でしたね。今までかわいがっていた犬がある日死んでいく。子供ながら、“死”について考えたりしました。安楽死を選択する、、、世話をする方は大変なのでしょうね。でも、こういう状況を子供が見た時、今後何でも面倒なことは消すことができると考えたりするようになるのではないかと不安になりました。(ちょっと大袈裟かな!?)
  • teri
  • 2006/03/22 2:15 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
この一週間、Dちゃん@夫の職場の人が旅行に行くから、 と犬2匹を預かっていた。 私ね?このシーズンに彼女達2匹が家に来てくれたから 素敵なクリスマスプレゼントだなぁ・・なん
  • くろねこ的なんとなくエッセイ
  • 2006/03/22 6:24 PM