スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.11.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

サービス残業?!

おはようございます。


東京では桜も散り始めてしまい、
昨日から大雨となっています。


世間では入学式のシーズンですね。
ランドセルを背負って入学式に行く姿を見ると、
自分の入学式の時を少し思い出しました。


もう何年前になるんだろう‥。


そんな感じですが、最近「サービス残業」っていう言葉をよく聞くので、
その事についてroshiが思ったことを書いてみます。


Wikipediaによると定義は次のようになっています。


サービス残業(サービスざんぎょう)とは、雇用主から正規の賃金(労働基準法が定める時間外労働手当[1])が払われない時間外労働の俗称であり、賃金不払残業とも言う。雇用主がその立場を用いて被用者に強制を強いる場合が一般化している。近年は企業の効率化による人件費抑制と人減らしの中、かつて社員で補っていた業務を残業させられない非正規社員に置き換えられたことで、正社員が過剰に働かざるを得ない状況が発生している。特に、外資系より日本の企業がサービス残業を強いる傾向が強いと指摘される。 サービス残業は長時間労働を招くため、過労死や過労自殺、その前段階でうつ病などを発生させる原因となることもあり、サービス残業の存在を知りつつ放置する行為は刑事罰にあたる違法行為となっている。“サビ残”と呼ばれることもある。



この刑事罰にあたら違法行為が、普通に行われているというのは恐ろしいですね。


アメリカで上司から残業するように薦められることはほとんどありません。
逆に早く帰るように薦められることは何度もあります。


法律上違法ですし、社員に違法に働かせて、伸びる会社はないでしょう。


日本ではまだ上司より先に帰れないとか、
残業するのが当たり前の雰囲気があるようですが、
今後変わっていくのではないでしょうか。


仕事は自分の生活を支えるものだけであって、
決して人生そのものではないと思います。


JUGEMテーマ:ビジネス



| 1/1PAGES |